理学療法士イメージ

ホーム > ワーキングスタイル > 理学療法士

発達障害児の発達促進〜成人の重症心身障害者の身体機能の維持・改善など、週1回の非常勤勤務で外来で来られる方に対応しています。
その他に月1回、入所されている方の生活機能の維持・改善のための検討会を、作業療法士(OT)と行っています。

1日の業務の流れ

スライド

毎朝セラピストが集まって朝礼を行います。

スライド

後輩の育成も大切な仕事!わかりやすい指導を心がけています。

スライド

長年の経験で養った技術を後輩に伝えます。

09:00 前回の記録記入
10:00 外来の理学療法(PT)業務
12:00 昼食
13:00 外来の理学療法(PT)業務
17:00 業務終了

セラピストへアンケート

職員数

職員数
年齢

年齢
お子さん

お子さん
バルツァ事業会の勤続年数

バルツァ事業会の勤続年数
セラピストの経験年数

出身地
  • 奈良県
  • 大阪府
  • 京都府
出身校
奈良県
関西学研医療福祉学院 言語聴覚科
奈良県
関西学研医療福祉学院 作業療法学科
大阪府
近畿リハビリテーション学院 PT科
大阪府
四條畷学園大学 リハビリテーション学科
岡山県
川崎リハビリテーション学院 作業療法学部
この職種を選んだきっかけ
  1. 人の役に立ちたい
  2. 手に職をつけたい
  3. 家族・友人の病気など
  4. 父の職業と連携した職業だったため
  5. 子どもがとても好きだから
    • 周囲からの薦め
仕事のうれしさ・楽しさ
  1. 利用者や子どもたちの笑顔に出会えた時など
  2. 利用者や子どもたちが目標達成したとき
  3. 利用者や子どもたちとの会話・交流など
  4. その職種としての充実感
  5. 自分を評価してくれた時
    • 良い仲間と一緒に働けること
仕事で大切にしていること
  1. スキルの向上
  2. 利用者や子どもたちの能力の見極めと支援の在り方など
  3. ご家族や保護者からの話をよく聞くこと
  • 職場のコミュニケーション、多職種連携
  • 信頼関係・コミュニケーション
  • 利用者や子どもたちの優しさ思いやりなど
  • 笑顔でいること

求職者のみなさんへメッセージ

メッセージ画像1

子ども〜大人、軽度〜重度(障害程度)に接することで理学療法(PT)の幅が広がります。

メッセージ画像2

重症児者が楽に暮らせるカラダ作りを目指す

バルツァ・ゴーデルに来るまでは肢体不自由児通園施設で小児リハ(と言っても60代の方もおられましたが・・・ボイタ法を中心に機能訓練、上田法を実施してきました)に従事してきました。
重症心身障害児(者)の方々が楽に暮らせるカラダ作りに少しでも寄与できる。そんな理学療法士(PT)を目指してともに歩んでいきましょう。人生に関わる仕事です。

  • 2018年度 新卒採用 医療 介護
  • 2018年度 新卒採用 保育園
  • 全施設 施設別 職種別 説明会・見学会に参加しよう!!
  • 登録無料 メールでお届けします 採用情報提供サービス
  • 応募~採用までの流れ 面接 選考 内定
  • 募集中の求人情報

重症心身障害児学園・病院 ─ 療 育 ─

  • 看護師
  • 介護福祉士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 保育士
  • 管理栄養士
  • 薬剤師
  • 医療事務

特別養護老人ホーム ─ 介 護 ─

  • 介護福祉士
  • 看護師
  • 介護支援専門員
  • 管理栄養士
  • デイサービス相談員
  • 介護事務

保育園

  • 保育士
  • 一般事務