作業療法士イメージ

ホーム > ワーキングスタイル > 作業療法士

バルツァ・ゴーデルに入所されている重症心身障害児(者)の方々を対象に、個別訓練とグループ訓練を実施しています。
個別訓練では、当院のご利用者様の様々な状態に対し、個々のライフステージに合わせた作業療法(OT)を提供しています。(身体機能の維持・改善、現在のADL機能の維持・改善、余暇活動の充実など)
グループ訓練では言語聴覚士(ST)と協力して行っています。グループの特性を活かし、ご利用者様が持っている力を最大限活かして、主体的に参加や挑戦ができるよう取り組んでいます。
それ以外に月1回、ご利用者様の生活機能の維持・改善のための検討会を理学療法士(PT)と実施しています。

1日の業務の流れ

スライド

訓練課全体の朝礼から1日の仕事がスタートです。

スライド

看護師、介護士と一緒に申し送りに参加。
ご利用者様の体調や最近の変化の情報を共有しています。

スライド

居室での上肢ROM運動。

スライド

スヌーズレンを使った個別訓練。

スライド

デイルームで食事訓練を行います。

スライド

スイッチを使ったグループ訓練。

スライド

訓練内容の記入や、書類作成も大切な仕事です。

スライド

安全に利用するため、車いすのメンテンスもしっかり行います。

08:45 訓練課内朝礼
09:00 病棟申し送り
09:30 作業療法(OT)業務
13:00 昼食
13:40 作業療法(OT)業務
17:30 業務終了

セラピストへアンケート

職員数

職員数
年齢

年齢
お子さん

お子さん
バルツァ事業会の勤続年数

バルツァ事業会の勤続年数
作業療法士の経験年数

出身地
  • 奈良県
  • 大阪府
  • 京都府
出身校
奈良県
関西学研医療福祉学院 言語聴覚科
奈良県
関西学研医療福祉学院 作業療法学科
大阪府
近畿リハビリテーション学院 PT科
大阪府
四條畷学園大学 リハビリテーション学科
岡山県
川崎リハビリテーション学院 作業療法学部
この職種を選んだきっかけ
  1. 人の役に立ちたい
  2. 手に職をつけたい
  3. 家族・友人の病気など
  4. 父の職業と連携した職業だったため
  5. 子どもがとても好きだから
    • 周囲からの薦め
仕事のうれしさ・楽しさ
  1. 利用者や子どもたちの笑顔に出会えた時など
  2. 利用者や子どもたちが目標達成したとき
  3. 利用者や子どもたちとの会話・交流など
  4. その職種としての充実感
  5. 自分を評価してくれた時
    • 良い仲間と一緒に働けること
仕事で大切にしていること
  1. スキルの向上
  2. 利用者や子どもたちの能力の見極めと支援の在り方など
  3. ご家族や保護者からの話をよく聞くこと
  • 職場のコミュニケーション、多職種連携
  • 信頼関係・コミュニケーション
  • 利用者や子どもたちの優しさ思いやりなど
  • 笑顔でいること

求職者のみなさんへメッセージ

メッセージ画像1
  • 何事も挑戦です。利用者様と一緒に成長していける職場だと思います。
  • 利用者様と一緒に楽しい時間を過ごしましょう。
  • 学びは多い職場です。一緒に成長していきましょう。
メッセージ画像2

障害児者の気持ちをいかに感じとれるか

重症心身障害と聞くと、とても難しいイメージを持つかもしれません。ですが、彼らは私たちに、小さいですが気持ちを伝えようとしてくれています。私は作業療法(OT)訓練を通して、一緒に楽しいという気持ちを共有できた瞬間が、この領域のやりがいだなと感じます。
重症心身障害児(者)の方々が、日々楽しく、活き活きとした生活が送れるような訓練が出来る。そんな作業療法士(OT)を一緒に目指していきましょう。

  • 2018年度 新卒採用 医療 介護
  • 2018年度 新卒採用 保育園
  • 全施設 施設別 職種別 説明会・見学会に参加しよう!!
  • 登録無料 メールでお届けします 採用情報提供サービス
  • 応募~採用までの流れ 面接 選考 内定
  • 募集中の求人情報

重症心身障害児学園・病院 ─ 療 育 ─

  • 看護師
  • 介護福祉士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 保育士
  • 管理栄養士
  • 薬剤師
  • 医療事務

特別養護老人ホーム ─ 介 護 ─

  • 介護福祉士
  • 看護師
  • 介護支援専門員
  • 管理栄養士
  • デイサービス相談員
  • 介護事務

保育園

  • 保育士
  • 一般事務