薬剤師イメージ

ホーム > ワーキングスタイル > 薬剤師

調剤・薬品管理・医薬品情報業務などの基本的な業務をはじめ、NSTやICTのメンバーの一員として、チーム医療にも携わっています。
重症心身障碍児(者)施設という特性上、直接ご利用者様とのコミュニケーションを図るのは難しいですが、ご家族様や病棟スタッフとのやりとりを通して、病棟業務も積極的に行っています。常勤薬剤師は一人ですが、非常勤薬剤師やその他の施設スタッフと一緒に、楽しく仕事をしております。

1日の業務の流れ

スライド

毎朝こどもを隣接した職員用保育園に預けて出勤します。

スライド

多職種が参加する申し送りは、ご利用者様の情報を得る大切な時間です。

スライド

お薬の在庫をチェック。

スライド

定期薬をセットします。

スライド

ご利用者様の状態に合わせた調剤の依頼に対応します。

スライド

調剤した薬をナースステーションに届けます。

スライド

ちょっと休憩。

スライド

分包機を使って、薬の調剤をします。

スライド

調剤監査システムで正確に調剤します。

08:50 子供を保育園に預け、出勤。
09:00 病棟の申し送りに参加。利用者さんの体調変化を把握したり、薬の情報を共有します。
10:00 臨時薬調剤
病棟業務
12:00 お昼休憩。医薬情報誌を読んだり、調べ物をしたりもします。
13:00 定期薬調剤
在庫管理:薬の発注や薬品棚の整理、予製の作成などを行います。
DI業務:病棟からの問い合わせに回答したり、医薬品情報を整理します。
17:30 業務終了 子供を保育園に迎えに行き、帰宅。

薬剤師へアンケート

職員数

職員数
年齢

年齢
お子さん

お子さん
バルツァ事業会の勤続年数
バルツァ事業会の勤続年数
薬剤師の経験年数

薬剤師の経験年数
転職した前の職業
病院で薬剤師
薬局で薬剤師
出身地
奈良県
大阪府
石川県
出身校
大阪府
近畿大学 薬学部
京都府
同志社女子大学 薬学部
京都府
京都薬科大学 薬学部 生物薬学科
この職種を選んだきっかけ
  1. 手に職をつけたい
  2. 周囲からの薦め
仕事のうれしさ・楽しさ
  1. その職種としての充実感
  2. 自分を評価してくれた時
  3. 良い仲間と一緒に働けること
仕事で大切にしていること

  1. 職場のコミュニケーション、多職種連携
  2. 信頼関係・コミュニケーション
  • スキルの向上
  • 笑顔でいること

求職者のみなさんへメッセージ

メッセージ
メッセージ画像

業務の合間に自分のペースでスキルアップ

私は調剤薬局での勤務経験がありますが、重症心身障害児者との関わりやNSTなどのチーム医療はここへ来て初めての経験でした。基本的な業務の合間に自分のペースで知識をつけることができ、日々の成長を感じられる職場です。院内勉強会も定期的に開催されており、施設全体でスキルアップを図っています。また、付属の保育園があるので、私のように小さな子供がいても働きやすい職場環境が自慢です。

メッセージ画像

プライベートも愛犬と充実しています

  • 2018年度 新卒採用 医療 介護
  • 2018年度 新卒採用 保育園
  • 全施設 施設別 職種別 説明会・見学会に参加しよう!!
  • 登録無料 メールでお届けします 採用情報提供サービス
  • 応募~採用までの流れ 面接 選考 内定
  • 募集中の求人情報

重症心身障害児学園・病院 ─ 療 育 ─

  • 看護師
  • 介護福祉士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 保育士
  • 管理栄養士
  • 薬剤師
  • 医療事務

特別養護老人ホーム ─ 介 護 ─

  • 介護福祉士
  • 看護師
  • 介護支援専門員
  • 管理栄養士
  • デイサービス相談員
  • 介護事務

保育園

  • 保育士
  • 一般事務